重要事項の確認

売買契約が成立する前に、宅地建物取引主任者から購入する住宅についての重要事項の説明を受けることになります。

 

重要事項の内容は、権利関係や法規制、契約内容や契約解除、設備に関することまで多岐に渡る内容となります。購入する住宅についての注意事項も説明されることになりますので、しっかりと聞いて十分理解することが大切と言えます。

 

この重要事項の説明は、この物件を購入しても問題ないかどうかの最終判断を促すものとなります。しかし、業者によってはこの重要事項の説明を契約の当日に行い、じっくり考える時間を与えない手法を取るところもあり、問題になったこともあります。最近ではこの手法は改められて、契約の何日か前に重要事項の説明を行う業者も増えてきたようです。

 

重要事項は、素人にとっては理解しづらい内容の場合もあり、判断が難しい場合もあります。できれば、重要事項の説明を受ける前に説明書類を取り寄せて、内容をじっくりと確認しておきたいものです。それができれば、説明の際に確認しておきたいことや質問しておきたいことなどを用意することができます。

 

重要事項の説明の後には、説明を受けたことを証明するための署名捺印を求められます。ここで署名捺印をしてしまうと、後々見落としや確認不足があったとしても、説明についてすべて納得したということになってしまい、抗議をしても認められません。そのためにも内容をしっかりと理解することが大切なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市