新築一戸建て住宅を購入するにあたって

「夢のマイホーム」というコピーが一時期流行ったこともあるように、自分の家を持つことは、多くの人が望むことではないでしょうか。

 

家とは人が居住することを目的とした建築物のことを言いますが、周りの環境などから居住する人たちの快適な生活を守り、支えるものでもあります。

 

この家というものは、一世帯の家族が一つの敷地内に居住する一戸建て住宅と、複数世帯が一つの敷地内に居住する集合住宅の二つに分けることができます。

 

そしてそれらは、自分が購入して居住する持ち家と他の人が所有している住宅を借りて住む賃貸住宅とに分けることができます。人それぞれのライフスタイルによって、賃貸住宅を選ぶ人と住宅を購入する人に分かれると思いますが、やはり多くの人は住宅の購入に夢を持つようです。

 

一戸建て住宅は、一棟で一戸の建物のことを言います。敷地の面積にもよりますが、主に平屋から3階建てくらいのものが多く見られます。

 

また、新築住宅には法律上の決まりが定められています。住宅品質確保促進法によると、新築住宅とは、建物が完成してから1年未満の物件のことを言い、まだ誰も人が住んだことのない住居として定義づけられています。広告などでよく目にする「新築一戸建て」とは、一棟一戸で地面に面した完成してから1年未満の未入居の住宅のことを言います。

 

新築一戸建ての相場は、住宅が建っている環境によって大きく異なるため一概には言えませんが、チラシや広告などを注意して見ていくと相場の傾向が徐々に読み取れるようになるでしょう。

 

また、一言で家といっても社会の移り変わりや変化によって生まれる流行に影響される場合があり、その種類として和風、洋風、欧風といったものから、二世帯住宅、三世帯住宅のようにそれぞれのライフスタイルに応じて様々なものがあります。

 

また近年、社会現象ともなった高齢者の在宅ケアに対して、バリアフリー住宅や高齢者住宅というものも広く普及するようになってきました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市