物件の情報収集

物件の情報収集方法には建物の種類によって違いがあります。

 

新築マンションの場合は、インターネットでの情報収集が比較的簡単にできます。物件独自のサイトが開設されるケースも多くあるので、非常に容易であると言えます。

 

中古住宅の場合は、不動産業者間での情報交換システムが充実しているため、不動産業者のところに出向くことでほとんどの物件の情報を得ることができるでしょう。

 

しかし、建て売り住宅または、建築条件付き土地の場合は、情報交換システムに登録されていない物件が多々あり、売主側の独占販売によって未公開物件となっているケースも少なからずあるようです。

 

大規模な区画の分譲物件であれば、新築マンションと同様に独自のサイトが開設されている場合もありますが、少ない区画の建て売り物件の場合は、情報収集が困難となることもあります。

 

建て売り物件の購入を決定して検討するのであれば、複数の不動産業者に依頼する、また検討エリアの近くの新聞広告などを手に入れるなども効果があると言えます。また、インターネット検索でキーワードを組み合わせて検索すると、物件の情報を得ることができる場合もあります。

 

建て売り住宅の業者は、大手の不動産業者から零細不動産業者まで様々です。年間2、3戸売るだけの業者や数年に1回程度の地元の工務店などもあります。

 

しかし、業者の良し悪しは、会社の規模によって決まるわけではありません。アフターサービスの有無や保証などについて事前に十分確認を取っておくことが大切と言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市