マンションのデメリット

先の項ではマンションのメリットについてご紹介しましたが、やはり便利なマンションにもデメリットは存在します。この項では、マンションのデメリットについてご紹介したいと思います。

 

まず、一戸建てと大きく違う点は、毎月管理費と修繕積立金などをそこに住んでいる間はずっと支払い続けなければならないということです。マンションの規模によっても異なりますが、だいたい3万円前後が相場ではないでしょうか。

 

その上、車を所有している場合は、分譲の駐車場でもない限り駐車場代を支払わなければなりません。こちらも1万円から1万5千円くらいが相場となります。こうなると住宅ローン以外に月に3万円から4万円もかかることになります。

 

また、固定資産税においても、マンションは一戸建てと比べて減価償却の期間が2倍となるため、一戸建てよりも高くなります。

 

資産価値にも問題はあります。マンションの場合資産価値はほとんどが建物部分です。住宅ローンを30年組んだとして、ローンが終わった頃にはどれほどの価値が残っていると思いますか。土地付きの一戸建てと比べるとその資産価値は半分以下となってしまう場合もあります。

 

この他にも駐車場の距離の問題があります。マンションの敷地内であっても玄関まではかなり距離があるはずです。共働きの家庭の場合など休日に1週間分の食料品や必需品の買い物を済ませることも珍しくありません。そのような場合、車でたくさん買い物をしても部屋まで運ぶのは一苦労となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市