決済について

決済とは、売買契約における代金の支払いの完了と引き換えに、土地や建物の引き渡しを受けることです。

 

決済を行うためには、必要書類の準備やあらゆる種類の清算金の支払準備などをしなければなりません。おおよそのことは不動産業者から細かい指示があり、いくつかは代行してもらえるものもあるので、担当者に言われるがままに動くというケースが多いようです。

 

登記の際にかかってくる登録免許税は軽減措置を受けることができます。この措置を受けるためには、新しい住居が存在する地方自治体の役所で住宅用家屋証明書を取得しなければなりません。

 

もちろんこの取得に関しても、司法書士や不動産業者の方で代行してくれる場合が多いようです。しかし、自分で取得しなければならないような場合は、手続きの方法などを事前に確認しておくようにいたしましょう。

 

また、代金や諸費用のすべてを現金で用意しなければならないものではありません。金融機関からの融資金と自己資金を合わせた上での振り込みや預金小切手、現金による支払となり、それらは細かく指定されます。

 

また、登記を行う前に土地家屋調査士から建物の表題表記の申請が行われます。これは建物の所在地の地番や建物の構造、床面積などを特定するために行われる登記のことで、建物が完成してから1カ月以内に申請する決まりとなっています。

 

建て売り住宅の場合は、売買契約が成立した時点で表第登記がすでに終わっている場合もあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市