建物の確認

未完成の住宅を購入した場合は、売買契約が成立したら正式なオーナーとして建築現場を見せてもらうこともできると思います。しかし、その回数があまりに頻繁であるような場合は、作業自体に支障をきたすことにもなりかねませんので、注意してください。

 

また、工事の様子を見ることで変更や追加を依頼したくなることもあります。これは、ケースバイケースで可否が分かれることになりますので、希望がある場合は早めに業者に相談するようにしてください。

 

しかし、勝手な判断で現場に直接発注をかけたりすると追加の工事費用がかかったり、思いがけないトラブルが発生したりすることにもなりますので控えるようにしてください。要望や希望がある場合は必ず不動産業者を通すようにしましょう。

 

新築の分譲マンションなどは、建物が完成した時点で一斉に内覧会が行われるのが一般的ですが、新築一戸建て住宅の場合は、一概にそうだとは言えません。棟数が少ない分譲住宅の場合は、個別に行われることの方が多いようです。

 

完成した建物は、内部のみならず外壁や外構えなどの仕上がりに付いてもしっかりとチェックすることが大切です。もしも不具合などを見つけた場合は、修繕の依頼をしなければなりません。素人判断は危険ですので、できれば専門家にお願いするのが良いかもしれません。

 

売買契約が成立した時点ですでに完成していた建物の場合などは、契約後に仕上がりのチェックがなされていないケースが少なくないようです。その分、しっかりと確認作業をするようにいたしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市