購入の申込み

04-01 購入の申込み

 

住宅を購入するためにまず最初に行うのは、不動産業者が用意している購入申込書に署名捺印することです。住宅ローンの利用や購入者からの条件提示がある場合にもこの申込書に内容を記入します。

 

しかし、購入申込書は、売主側に購入の意思を伝えるものであり、購入申込書に署名捺印したからといって契約自体が成立するものではありません。そのため、購入申込書を提出したとしても、後から取り消すこともできます。

 

しかし、この申込書を提出した段階で契約に向けてあらゆることが急速に動き出すことになるので、安易な気持ちでの署名捺印はよくありません。

 

購入申込書に署名捺印をすることで、申込証拠金の支払を求められることが分譲マンションにはよくあります。しかし、新築一戸建て住宅の場合はそれぞれのケースによって異なります。

 

一般的には申込証拠金は不要な場合が多いようです。たとえ申込証拠金の支払を求められたとしても、これは申込みの意思確認のために授受されるものであるため、売買契約が成立した時に支払う手付金とは異なるものとなります。

 

売買契約に至った場合は、この申込証拠金が手付金としてあてられることになりますが、契約が不成立となった場合は、申込証拠金は全額返金されることになります。

 

しかし、この申込証拠金の返金についてはトラブルが起こることも少なからずあるようなので、事前に売買契約不成立の場合は全額を返金するという旨のことが書面で表されているかどうかの確認をしておくことが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市