引越し単身パック料金比較、安いのはどこ?

岐阜県可児市で利用できる安い引越し業者を探そう!

単身引越しパックなどのサービスを利用して激安引越しをしたいけど、どの引越し会社に頼んだほうがいいのかわからない、という方のためのサイトです。

引越しというものは、ほとんどの人がそう多く経験するものではないですし、初めてで勝手がわからない方も多いのではないでしょうか?そんな方は、まずは一括見積もりで料金の比較から。

少しでも安い料金、欲を言えば激安料金で請け負ってもらいたいという気持ちはみんな同じ。荷造りなどの準備や各種手続きもあって忙しいかもしれませんが、しっかり各社を比較してから依頼先を決めて満足できる引越しにしましょう。

まずは相見積もりから

一人暮らしの引越しであれば単身パックの引越しを利用するのが手っ取り早くて価格も比較的リーズナブルにおさえることができます。最近では単身パックはどの業者でも人気の商品のようで、アート引越しやサカイなどのような引越し専門業者では必ず格安な単身パックが設けられていますし、赤帽などの運送業者でも中規模以上の企業であればプランを設定しています。

単身パックを考えているなら何よりもまず合い見積もりを取ることが重要です。これは単身パックの引越しに限ったことではありませんが、引越しというものは通常はそうそう日常的に行うものではありませんからどの程度の料金が妥当なのか、いわゆる相場がなかなかつかみにくいものです。また全く同じ内容でも引越し業者や運送業者によってまったく料金が異なってくることもしょっちゅうあります。

こうした引越し料金のバラツキは各社それなりの理由があるとしても素人にはどこがどう違うのかさっぱりわかりません。サービス内容はともかく「安ければどこでもいい」というスタンスの場合であればそれこそ料金はピンからキリまであると言っていいでしょう。

いずれにしても単身パックでの引越しを考えているのであれば、充分な時間的余裕を持って相見積もりを取りましょう。その際に他の業者で見積もりの出ているところがすでにあれば、この業者はこの価格で出してきたと具体的に数字を言う方が見積もりを出す引越し業者としても作業が楽になり、話が早く進みます。

一括見積もりが便利

単身パックで引越しをしようとして合い見積もりを取るのが面倒だ、あるいは時間がないというような場合にはインターネット上の引越し一括見積もりシステムを利用すると手間が省けます。「引越し」「単身パック」「見積もり」「一括」などの複数のキーワードで検索すれば多くの引越し一括見積もりのサイトがヒットします。

こうしたインターネット上の引越し一括見積もりシステムでは5社以上の業者に一度で見積もりを請求することができるような場合が多いようです。あらかじめ見積もりを請求する対象が数社の業者に限定されている場合もあれば、専業、兼業を問わず非常におおくの引越し業者から選択できるようになっている大掛かりなサイトもあります。

こうした引越し一括見積もりシステムではまず引っ越しプランがファミリータイプであるのか単身パックであるのか、または特定の家財のみを運搬するのかを選択します。次に引越しの出発地点と到着地点の住所もしくは郵便番号などを記入し、引越しする人数(単身パックの場合は当然1人となります)、引越し予定日や予定期間、また時間の希望があれば一緒に記入します。その後見積もりを希望する業者を選択します。ピアノの移動やエアコンの取り外し・取り付け作業などを依頼するのであればオプションで記入できる場合もあります。また見積もりの方法もメールで送ってもらう方法や、電話で回答をもらう方法、担当者に直に出向いてきてもらう方法などが選べます。

引越し業者の違い

一口に単身パックの引越し業者といっても各業者の内容や規模は様々です。引越し業者を選ぶ場合に最低限知っておきたい基礎知識を説明しましょう。

まず引越しを行う業者にはアート引越しやサカイ、ハート引越しなどといった引越し専門業者と、赤帽などのような本来は運送業を専門としている兼業業者とがあります。運送業者の場合には通常は本職である運送のみを行い、引越しの依頼があったときだけ引越しも行うということになります。最近ではいずれの業者でも単身パックを設定している場合がほとんどです。

引越し専門業者の特徴は、引越しに使用する自動車も引越し専用に作られている場合が多く、設備や引越し資材、引越し作業員の教育や技術なども充実しています。荷造りから搬出、搬入、荷解き、掃除などに至るまでまるまる依頼することも可能で、仕事などで荷造りの時間もままならないような人でも全てお任せの単身パックもあります。

一方の兼業業者の場合にはあまり細かな注文には応じられない場合もありますが、搬出や搬入などは基本的に全てやってくれます。またその分、兼業業者の場合は引越し専門業者と比較して価格的に安いというメリットがあります。

引越し専門業者にしても兼業業者にしても全国規模で事業を展開している場合と地域密着型で活動している場合とがあります。移動距離が大きい場合には全国展開している業者の方が安心ですが、近距離の単身パックや同じ町内などの移動では地域密着型の業者の方が場慣れして、より融通がきくようです。

引越し業者の規模

単身引越しパックを依頼する業者の規模も意外と重要です。アート引越しやハート引越し、サカイなどの大手の場合には引越しの営業担当と実際に引越しを行うスタッフは全く別のセクションに属しています。営業担当者が実際の引越し作業に加わることはありません。また大手の業者は様々な媒体で大規模な広告を行っていますのでその分の費用が料金に反映されて価格的には高めとなります。

規模中堅程度あるいは小さな引越し業者では地域密着型がほとんどですが、軽貨物引越し業社などは規模が小さい代わりに料金的にはかなり安く交渉できる場合があります。特に単身パックなどでは大きなトラックは必要としませんので軽貨物引越し業者などは狙い目かもしれません。受注をするスタッフがそのまま引越し作業を行う場合もあり、意思の疎通もスムーズでスピーディーな対応が期待できます。

引越し業者の規模の違いによるサービス内容のグレードの差はあまり考える必要はないでしょう。大手ではあってもスタッフによっては仕事内容にバラツキが出ることもありますし、中堅や小さな引越し業者が見積もりの割には非常に決めの細かな作業を行ってくれる場合もあります。こうしたサービス面の善し悪しについてはなかなか事前に把握できないことが多いのですが、最近はインターネット上で各引越し業者の単身パックに関して口コミを集めたサイトなどもありますので一応の目安として参考にするといいでしょう。ただし繁忙期などにはどうしてもスタッフのやりくりが追いつかず、どの引越し業者に単身パックを依頼したとしてもサービスが多少雑になるリスクがあるようです。

営業マンについて

単身パックなどでも大手の引越し業者の場合では前もって営業マンが直接自宅に見積もりにくる場合が多いようですが、このときの営業マンの態度や説明は注意して観察しておきましょう。おおざっぱな説明しかしないような場合や、好感の持てないような印象であればまずその引越し業者は「ハズレ」だと考えて選択肢から外していいでしょう。

教育の行き届いた引越し業者では実際の引越し作業の内容はもちろん、営業マンの対応についてもきめ細かなサービスが期待できます。わざわざ高い金額を払って大手の引越し業者に依頼する以上は、お客は丁寧な対応を期待して当然です。

単身パックの場合には荷物の量も限られますので自動車もそれほど大きなものは使用しません。単身パックでは特にコンテナ風のボックスに荷物を納めて移動するようなタイプの引越しもよくあります。最初に営業マンが見積もりに来た際にこうした移動用のボックスやダンボールなどの資材を「無料だから」と言って置いていく場合がよくありますが、これは後々見積もりを値切りにくく、あるいは断りづらくなってしまうので、発注を決定しているとき以外ははっきりと断っておきましょう。また引越しは単身パックといえども運送中の家財の破損などの事故が付き物です。特に長距離の引越しの場合には100%うまく行く引越しの方が少ないぐらいですから、万が一の破損や遺失事故などの場合の補償に関しても必ず説明を受けて確認しておきましょう。

単身パックの平均的内容

引越し業者の単身パックの平均的な内容はどのようなものでしょうか。各単身パックの基準は引越し業者でまちまちですが、いくつか例をあげて見てみましょう。

まず荷物量別に見ると、クロネコヤマトの「単身引越しサービス2M3ボックス」の場合、家具や荷物は縦・横・高さの3辺が2メートル以内の荷物量という規定になっています。佐川引越しセンターの「単品引越し・ツーマン引越し作業 」では縦・横・高さの3辺の合計が3.6メートル以内、日通のその名も「単身パック」はSとLの容量から選べて、Sパックは縦・横・高さがそれぞれ7.4・1.08・1.54メートルで、Lパックは縦・横・高さがそれぞれ1.04・1.04・1.74メートルとなっています。また引越し業者によってはこうした全容量制ではなく、規定のダンボール10個、布団袋1枚、ハンガーボックス1ケース、以上が軽トラックに積める範囲などという内容になっている場合もあります。素人が自分の荷物の全容量を把握することはかなり難しいことですから、こういった場合には直接営業マンに来てもらって荷物の量を確認してもらう方が確実です。

このように単身パックといっても積める容量によって料金が変わってきますからある程度細かな範囲まで容量を確認しておかないと見積もりに大きな差が出てくる場合があります。またフタッフの数ではたいていがドライバーを含む2名で、個人経営の運送業者ではドライバーのみ1名という場合もあります。1名の場合には料金は格安になりますが、搬出や搬入は依頼者が手伝う必要があります。

引越し料金を安くする

単身パックの引越し料金を安く上げるには、合い見積もりを取ってうまく駆け引きすることが最も重要なポイントとなりますが、その他にも工夫次第で引越し料金を引き下げる方法があります。

まず第1の方法は荷物を減らすことです。単身者といえども荷物が多い人は結構多くいます。しかし単身パックは積める荷物にも制限があります。ここは引越しをいい機会だととらえて荷物を減らすことを考えましょう。衣類などは2〜3年に渡って着用していないようなものは今後もほぼ出番はないと考えていいでしょう。友人にあげたり、リサイクルセンターに売却したり、あるいは思い切って捨ててしまいましょう。

書籍類は重量もあり、運搬上も意外と力の要る荷物となります。まとまった量になるようであればやはり中古書店などに引き取ってもらいましょう。実用書や小説などの場合には最寄りの図書館などに寄贈するという方法もあります。

家具や電化製品などの場合には捨てるのはちょっと待って、まずインターネットのオークションなどで売れないかどうか考えましょう。品物によっては意外と高値で売れる場合もあり、その際には引越し料金に充てることで一石二鳥となります。

また単身パックの費用をおさえる2番目の方法として、梱包サービスのあるなしで料金が異なる単身パックの場合には、可能な限り梱包は自分で済ましておきましょう。ただし大きな家具や冷蔵庫、大型テレビなどは梱包が困難なので業者に任せます。

単身パックの料金相場

単身パックといっても各引越し業者によって容量や使用する運搬用自動車、スタッフ数などによって料金が大きく異なるため一概にどの程度の費用がかかるとは言えないのが実情です。しかしごくおおざっぱに言って、軽トラックに積める容量で比較的近距離(50キロ以内)であれば10000〜25000円程度、遠距離の場合で25000〜50000円程度が相場でしょう。ただしこれも容量などとはまったく異なる要因で価格が上がる場合があるので要注意です。

容量やスタッフ人数、移動距離など以外で単身パックの引越し料金を大きく左右する要因というのは引越しの時期です。引越し業者は忙しくなる繁忙期とヒマになる閑散期とがはっきりと分かれています。ヒマな時期の引越しであれば見積もりでも大きく値切ることが可能となりますし、サービスも行き届き、スタッフもレベルの高いスタッフが揃いますが、反対に繁忙期に入ってしまうと料金的には1.5〜2倍にも跳ね上がってしまいます。また見積もりの交渉をしようにも予約が既に満杯で希望する時期に引越しできないことさえあります。単身パックは例年2〜4月が1年中でも最も繁忙期で、次いで7、8月、12月といった時期が忙しくなります。これらはいずれも会社の異動人事や就職、入学の時期、あるいは年内の駆け込み需要などの時期に当たっています。どうしてもこの時期に引越しを行う必要があるのであればひとまず見積もりの駆け引きは置いといて、予約を確実に入れることの方が重要となります。

ヤマト引越しセンターの単身パック

クロネコヤマトの単身引越しサービス2M3ボックスの容量規定は、縦・横・高さの3辺が2メートル以内の荷物量となっています。この量の目安として通常サイズの押し入れ1段分と考えればいいでしょう。正確な内寸は1.83立方メートルとなります。このボックスに入りきれない荷物や家具は別途「らくらく家財宅急便」などを利用して輸送することになります。

クロネコヤマト引越しセンターの単身パック2M3ボックスでは実際の引越しを行うスタッフはドライバーを含む2名です。家財や家具の梱包はスタッフが行いますが小物の荷造りやそれにともなう資材の準備は自分で行う必要があります。資材の調達ができない場合には「荷造りラクラク」セットを購入します。布団袋、ダンボールM・Sサイズ合わせて10個、グラスパック、食器パット、ビニール袋、クラフトテープ、ロープ、油性ペンなどがセットとなっており、価格は3300円です。

単身パック2M3ボックスは時間指定ができるようになっています。「午前中」、「12〜15時」、「15〜18時」、「18〜21」の4種類の時間帯があります。気になる費用は、平日の同一市内および区内の場合では12600円からとなっています。ただし使用するボックスの数や移動距離によって価格は上がっていきます。また曜日による割引やWEB申込み割引、早期予約割引など各種割引が設定されているのでうまく工夫すれば比較的格安なプランが組めるでしょう。

日通の単身パックは選べる2種類

日通(日本通運)の単身パック引越しプランは使用するボックスの容量によって単身パックLと単身パックSの2通りに分かれています。

単身パックLの場合に積める荷物の目安としては、冷蔵庫(130リットル)、洗濯機、17インチテレビ、掃除機、ミニソファー、ミニチェスト、布団、ダンボールMサイズ5個程度となっています。この容量で料金は18900円から、1個のLボックスに付き100万円の保険も付いています。

単身パックSの場合の容量の目安は、冷蔵庫(130リットル)、17インチテレビ、掃除機、ミニチェスト、電子レンジ、スケートボード、布団、ダンボール6個(内Mサイズ2個、Sサイズ4個)程度となっています。やはり保険付きで1ボックスあたり70万円、料金は17850円からとなっています。

単身パックL・Sいずれの場合も夜間の配達には1ボックスあたり2100円の割増し、 土・日・祝日の配達の場合1ボックスあたり2100円、また土・日・祝日の夜間配達の場合1ボックスあたり4200円の割増しとなります。単身パックのLとSでは料金の差以上に積める容量の差が大きいように感じます。多少荷物が多めかなと思われる場合には余裕を持って単身パックLを選択しておいた方がいいかもしれません。

ちなみにオリコンが行っている単身パックの引越しランキングでは、アリさんマークの引越社、アート引越しセンター、サカイ引越しセンター、ハート引越しセンターなども上位にランキングされています。

対象時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年末年始 お正月 春休み ゴールデンウィーク 夏休み お盆 冬休み 平日 休日 祝日 土日 繁忙期 閑散期 大安 友引 仏滅

主な引越し業者
・アーク引越センター
・アート引越センター
・アリさんマークの引越社
・クロネコヤマト引越センター
・サカイ引越センター
・佐川引越センター
・ダック引越センター
・日通(日本通運)
・ハート引越センター ・赤帽
・アクティブ感動引越センター
・朝日あんしん引越センター
・アップル引越センター
・天草引越センター
・安全輸送
・イケダ引越サービス
・エース引越センター
・エス・アール引越センター
・エンゼル引越サービス
・お引越のエキスパート
・カルガモ引越センター
・キタザワ引越センター
・キング引越センター
・くらうど引越センター
・コスコス引越センター
・コンビニ引越センター
・シモツ引越サービス
・ジョイン引越ドットコム
・スタームービング
・全国学生引越センター
・高田引越センター
・中越通運
・中央引越センター
・なにわ引越センター
・日本引越サービス
・ハトのマークの引越しセンター
・ハロー引越サービス
・ハロー引越しセンター
・引越一番
・引越センターアイキョー
・引越のアクティング
・引越のプロロ
・ヒロセ・ライフ・サービス
・ファミリア引越サービス
・ファミリー引越センター
・フクフク引越センター
・福山通運
・ブレックス
・プロレス引越センター
・ベスト引越サービス
・ペンギン引越センター
・ホームワーク引越サービス
・町の引越し屋さん
・マルトク引越しセンター
・ミニ引越サービスセンター
・三八五引越センター
・やさか引越センター
・読売引越センター
・らくだの引越便栄光社
・ラン引越サービス
・隆星引越センター
・レスラーズ運輸
・JRC日本引越センター
・JR東日本物流

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県